社内での感染症対策


新型コロナ通知システムを導入掲示

 

弊社は飲食店ではございませんが、スタッフ及び協力会社の皆様、お客様との打合せにて人の出入りがどうしても発生してしまう場合がございます。

 

万が一の時に備え、通知システムを掲示板に導入いたしました。


接客・商談スペースには通知システムのQRを掲示。

書類を触ったりした際にはすぐに手指を消毒できるように消毒液も完備しております。

 

また、お客様との距離はテーブルを挟んで2m以上の確保を行い、飛沫感染を抑止しております。

 

接客スペース背面には換気スペースも確保しており、常時空気の入れ換えが行われております。


PCR検査キットの常備


弊社は東亜産業様のPCR検査キットを導入しております。

翌日にはリスクの判定が出るため、早期の感染予防対策を講じることができるからです。

 

必要なときに必要な人数分を確保しておりますので、行政の手を煩わせる前に、必要な措置を自主的に講じております。


感染者及び濃厚接触者への取り組み


弊社では、体調不良及び、感染の疑われる諸症状の1つでも発生報告をうけた場合には、直ちに出勤業務の停止、速やかな自社PCR検査を行っております。低リスクの場合でも再度検査を行った後に業務復帰させております。

また、陽性疑いが濃厚である場合は速やかに保健所に連絡し、自宅隔離及び社宅待機を命じ、自主隔離期間の食のサポートなどを行っております。

国の政策と、保健所の指針とは別に、弊社としては陽性反応が出た場合、検査の日から2週間は完全隔離を行っております。それはウイルスが日々進化をして、私たちの予想を遙かに上回る場合があるからです。隔離を行った後に再度検査を行い、はじめて業務復帰がなされます。